So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊(毎日新聞)

 【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」は13日深夜、地球に帰還した。月より遠い天体に着陸し、地球に戻ってくるのは史上初。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさは午後10時50分ごろ(日本時間)、大気圏に突入、はやぶさ本体は燃え尽きた。JAXAは、ヘリコプターによる捜索隊が目視でカプセルをオーストラリアのウーメラ砂漠で発見したことを明らかにした。14日朝、回収作業を始める。

【地球帰還カプセルの写真】これが落ちてきました

 中にイトカワの砂などが入っていれば、世界で初めて小惑星で直接採取した物質となる。03年5月の打ち上げから7年。予定より3年長引いた旅の総距離は、月への往復約8000回に相当する約60億キロに達した。

【関連ニュース】
【はやぶさが最後に撮影した地球の写真】最後までよく頑張った…
はやぶさ:大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功
はやぶさ:カプセル輝きながら地球帰還…発光現象撮影
はやぶさ:「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
適切な対処望めない=賭博問題で相撲協会に苦言―文科相(時事通信)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
わざと女性はね送るふり、断ると暴行の男逮捕(読売新聞)

誠VOICE 第10回「次期首相を選ぶなら誰が良いと思いますか?」(Business Media 誠)

 Business Media 誠のトップページ右下で行っているアンケート「誠VOICE」。第10回では次期首相についてのアンケートを行いました。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 「もしあなたが以下の民主党議員の中から次期首相を選ぶなら誰が良いと思いますか?」と質問したところ、トップは「前原誠司」さんで34%。実際に首相に選ばれた「菅直人」さんは25%で2位、岡田克也さんが19%で続きました。民主党代表選挙で菅さんの対立候補だった「樽床伸二」さんには1票も入らなかったようです。

 「次の民主党議員のうち、あなたが『この人だけは次期首相になってほしくない』と思うのは誰ですか?」と聞くと、トップは「赤松広隆」さんで27%。「菅直人」さんはここでも25%で2位にランクイン。以下、「小沢一郎」さんが16%、前原誠司さんが10%で続きました。

 現在は「菅直人政権はどのくらいの期間、続くと思いますか?」「本来、首相は何年くらい続けるべきだと思いますか?」というお題でアンケートを実施中。

 →アンケート
 http://bizmakoto.jp/makoto/voice.html

【関連記事】
誠VOICE 第9回「あなたが投資したい金融商品は何ですか?」
誠VOICE 第8回「あなたが学びたい言語は何ですか?」
誠VOICE 第7回「あなたが身だしなみで一番気にしているのは?」
誠VOICE 第6回「今思えば良かったサッカー日本代表監督は?」
誠VOICE 第5回「現在使用している電気シェーバーの価格は?」

<殺人再現実験>捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念(毎日新聞)
民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
後継、菅副総理が最有力(産経新聞)
30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く(産経新聞)
救急相談、モデル事業継続に疑問の声(医療介護CBニュース)

<北教組不正献金>木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の不正献金事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の罪に問われた民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営の会計責任者、木村美智留被告(46)は18日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)の初公判で起訴内容を全面的に認めた。検察側は論告で「違法性を認識しながら北教組側に寄付を求めた悪質な行為」と禁固6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は6月9日。

 木村被告は自治労道本部財政局長で、現在起訴休職中。起訴状によると、北教組委員長(09年6月死亡)から08年12月〜09年5月に400万円ずつ3回の計1200万円、09年7月に北教組委員長代理の長田秀樹被告から400万円を受け取り、党5区支部ではなく自分名義の銀行口座に入れたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、違法献金は小林事務所の資金繰りに窮した木村被告から持ちかけたと指摘。被告人質問で木村被告は「民主党からの交付金で賄えると考えていたが、08年11月に年内解散の見込みがなくなる一方で当時の選対委員長が事務所の継続を決めたため、活動資金提供を依頼した」と説明した。「収支報告書に計上できない性質のお金だと認識していた」と違法性を理解していたことも認めた。

 小林氏に資金繰りの相談をしたかどうかは「05年衆院選の落選以降、(小林氏は)生活にも窮する状態だったので、相談や資金要請は考えてもみなかった」と述べた。

 木村被告に資金提供したとされる長田被告と団体としての北教組の初公判は19日に開かれ、いずれも違法献金を認める方針。【久野華代】

【関連ニュース】
北教組事件:資金提供認める方針 2被告争う姿勢から一転
北教組事件:政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」
北教組事件:小林氏続投 地元民主に賛否
北教組事件:1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける
北教組事件:小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」

レクサスのリコール届け出へ=最上位モデルの4509台―トヨタ(時事通信)
「5月末までに大枠」=普天間移設の基本方針目指す―北沢防衛相(時事通信)
<シバザクラ>見ごろ迎える 北海道・滝上 (毎日新聞)
<機関紙投函裁判>控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)
<裁判員裁判>制度開始1年 東海3県では計37件(毎日新聞)

妻の弁護士を家裁で殴る=離婚調停中の男、容疑で逮捕−千葉(時事通信)

 千葉県木更津市の家裁支部で弁護士の男性を殴りけがを負わせたなどとして、県警木更津署は12日、傷害と脅迫の疑いで、同市真舟、造園業高橋博明容疑者(64)を逮捕した。被害者の弁護士は離婚調停中の妻の代理人だった。同署によると、「妻の住所を教えてくれず、頭にきた」などと容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月8日午後1時35分ごろ、千葉家裁木更津支部で、千葉市花見川区の男性弁護士(71)の顔を右手で殴り、3週間のけがを負わせた。
 このほか、同月14日午後4時ごろ、男性が勤務する東京都中央区の法律事務所に電話をかけ、「手を引かないとひどい目に遭うぞ。目をつぶしてやる」などと脅した疑い。 

【関連ニュース】
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」
法政高の元教諭2人書類送検=修学旅行で生徒暴行の疑い
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警
6カ月長女に暴行容疑、両親逮捕=ヘアアイロン押し当てる

【さまつな楽しみ】編集局次長 森脇睦郎 通勤電車あの人の眠り方(産経新聞)
ネットに「皇族殺す」=容疑で26歳男逮捕−警視庁(時事通信)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
ねずみ講運営元社長に有罪 京都地裁判決(産経新聞)
「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)

マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に−札幌地裁(時事通信)

 2006年に発覚した札幌市の元建築士による耐震偽装問題で、強度不足のマンションを購入した11世帯14人が販売元の住友不動産に購入代金(616万〜4740万円)の返還などを求めた訴訟の判決が22日、札幌地裁であった。橋詰均裁判長は「強度不足が分かっていれば、購入しようと思わない」と述べ、代金の全額計約3億7000万円の支払いを命じた。同社は控訴する方針。
 原告側弁護士によると、耐震偽装問題で販売会社に全額返還を命じる判決は珍しいという。
 裁判で原告側は「耐震性能を備えていると説明を受け購入した」と契約無効を主張。同社側は「強度不足は補修で対応可能」と反論したが、判決は「補修が小規模で足りるとしても、マンションの欠陥が重大でないとは言い難い」と退けた。 

【関連ニュース】
軽自動車27万4000台リコール=ダイハツ
消防用ホース41万本回収=強度不足が判明
空自次期輸送機が初飛行=機体不具合で大幅遅れ
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ

普天間「政府の立場で決定」=首相(時事通信)
郵政職員の現金絡む犯罪、被害20億円超す(読売新聞)
スカウト詐欺繰り返した目的はホテル代とプレゼント 見栄っ張り男が法廷で流した涙(産経新聞)
郵便不正公判 障害者団体元会長、偽の証明書発行は無罪(産経新聞)
横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件−郵政3社(時事通信)

民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、民主党鹿児島県連は17日夜、鹿児島市内で緊急常任幹事会を開き、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案について、政府に撤回を求めることを決めた。

 県連幹部によると、夏の参院選を前に、徳之島をはじめとする奄美群島などで民主党に対する反発が強まっており、県連内部でも移設について地元に説明しない政府に批判が上がっている。

 県連関係者は「地元の意向を踏まえたうえで、県連として白紙撤回を求めていく」と話している。

あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)
関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)
中国地震、救援進まず 死者617人 児童200人生き埋め(産経新聞)
<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)

ネットオークションで偽情報を売った男を詐欺容疑で逮捕 岡山県警(産経新聞)

 インターネットのオークションサイトで偽情報を販売し、現金約116万円などをだまし取ったとして、岡山県警玉野署は15日、詐欺容疑で横浜市神奈川区沢渡の無職、小佐野秀史容疑者(40)を逮捕した。同暑によると「だますつもりはなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年10月ごろ、ネットのオークションサイトで「3分で50万円稼げる」と銘打った情報を3980円で販売し、購入した岡山県玉野市の無職女性(37)に「アンケート会員になれば金が稼げる」などとして、会員登録料などの名目で現金約116万円と、ビデオカメラ1台(約10万円相当)をだまし取ったとしている。

 県警によると、小佐野容疑者の口座には昨年7〜12月の間に約20人から約1400万円の入金があったといい、経緯について慎重に捜査する方針。

【関連記事】
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕
「ノルマが達成できない」「半年後に返す」… 宝石販売詐欺容疑の女3人逮捕
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ
AKB48イベントで複数の偽造握手券見つかる

インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)
670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
雑記帳 静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
日中首脳会談、東シナ海ガス田開発問題進展なし 死刑執行に触れず(産経新聞)

国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委(医療介護CBニュース)

 衆院厚生労働委員会は4月14日、全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが「肩代わり」する特例措置を盛り込んだ「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」を可決した。

 同法案は、協会けんぽによる後期高齢者支援金の負担を、健保組合などに肩代わりさせる特例措置が柱。支援金に対する負担方法を今年度から3年間、加入者数に応じて組合の負担額を決める現在の「加入者割」から、組合ごとの総報酬に応じて負担する「総報酬割」に一部切り替える。

 これにより、財政が悪化している協会けんぽの負担が軽減されるが、大企業の社員などが加入する健保組合は負担増となる。全国1462(1日現在)の健保組合が加入する健康保険組合連合会は今年度に330億円、来年度に500億円の負担増になるとみている。



【関連記事】
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連

【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
新しらせ、南極から帰る=海自乗員の家族ら出迎え−東京(時事通信)
入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)

<シカ被害>山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)

 シカによる山林の食害に悩まされていた山梨県北杜市白州町の農業、上原公夫さん(75)が独自の防止策を考案し、効果を上げている。方法は、木の幹の地上約1メートルの位置(シカの口とほぼ同じ高さ)に古着を巻くだけ。県によると、木の周りを柵や網で囲むなどの対策はあるが「古着は聞いたことがない」。科学的な根拠は不明で、他地域の山林まで効果があるか分からないが、上原さんは「人間のにおいがするから、わなだと思うのかもしれない」と推測している。

 上原さんは約3ヘクタールの山林を所有。元はクヌギやナラ林だったが、35年ほど前「いつかは役に立つだろう」と、高級木材のヒノキに植え替えた。

 しかし、若いヒノキの皮はシカの餌となるため、植えた直後から苗木が食い荒らされた。シカが急増した15年ほど前には、被害は年間100本近くに達した。地元の猟友会に駆除してもらったり、シカの舌がしびれる薬を幹に塗ったが、被害は止まらなかった。農業資材のビニールを幹に巻いても、破られた。

 途方に暮れていた95年3月ごろ、着古して処分するつもりだったズボンや肌着を見て、ふと思いついた。「せっかくだから巻いてみるか」。若木10本の根元に巻き付けてみると、不思議なことに食害に遭わなくなった。

 ただ木が成長すると、また被害が出た。試行錯誤の結果、シカの口とほぼ同じ高さの位置に巻き付けたところ、被害がやんだ。知人から古着を集め、今は約3000本のヒノキのうち若い約600本が服を“着ている”。周辺で林業を営む友人らにも勧め、効果を上げているという。

 県森林総合研究所によると、シカは嫌なにおいがするものには最初は近寄らないが、やがて慣れるという。担当者は「なぜ古着に寄りつかないのか、不思議だ」と話している。【山口香織】

【関連ニュース】
文化財保護法違反:死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明
奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷
札幌市円山動物園:また性別判定ミス ライオンとエゾシカ
雑記帳:エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援

民主党県連職員を脅迫=元外務官僚を容疑で逮捕−栃木県警(時事通信)
雑記帳 「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)
若林氏議員辞職願提出 参院本会議での代理投票問題の責任をとって(産経新聞)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
米大統領に普天間説明=鳩山首相(時事通信)

遣唐使船 中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)

 【張家港(中国江蘇省)鈴木玲子】5月に開幕する中国・上海万博にあわせ、遣唐使船再現プロジェクトとして江蘇省張家港で建造されていた再現船が完成、31日、進水式典が行われた。

 角川文化振興財団が企画した。遣唐使船は7〜9世紀、中国との間を往来し、当時の最先端技術や文化を日本に持ち帰った。

 再現船は全長約30メートル、164トン。手こぎの帆船だが、自走できるようエンジンが付いている。麻布と竹製の帆を使うなど史料を基に忠実に再現されており、進水すると、見守っていた造船関係者らから歓声が上がった。

 大型船で日本に運び、5月4日に大阪港を出港。瀬戸内海を航海し、広島県呉、長崎県五島列島などを経て、6月12日の万博のジャパンデーまでに上海に到着する予定。東シナ海は航行の危険性などを考慮し大型船で運ぶ。

 式典で角川歴彦・同財団理事長は「古(いにしえ)の技術と最新の学術研究の融合により実現できた。万博の盛り上げに貢献したい」と話した。

【関連ニュース】
上海万博:日本産業館に「世界一のトイレ」 展示内容発表
鳩山首相:中国の唐前国務委員と会談 上海万博訪問に意欲
上海万博:京都「六つ星」出店 日本産業館
中国:上海虹橋国際空港 万博前に新ターミナル供用開始
上海万博:北朝鮮館の工事も進む 万博に初出展

首相と小沢氏が2時間会談、稲盛和夫氏も同席(読売新聞)
携帯電話不正利用 規制強化でヤミ金に貸与 レンタル会社(毎日新聞)
<阿久根市>市長要求で市職労の事務所移転(毎日新聞)
改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。