So-net無料ブログ作成

はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊(毎日新聞)

 【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」は13日深夜、地球に帰還した。月より遠い天体に着陸し、地球に戻ってくるのは史上初。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさは午後10時50分ごろ(日本時間)、大気圏に突入、はやぶさ本体は燃え尽きた。JAXAは、ヘリコプターによる捜索隊が目視でカプセルをオーストラリアのウーメラ砂漠で発見したことを明らかにした。14日朝、回収作業を始める。

【地球帰還カプセルの写真】これが落ちてきました

 中にイトカワの砂などが入っていれば、世界で初めて小惑星で直接採取した物質となる。03年5月の打ち上げから7年。予定より3年長引いた旅の総距離は、月への往復約8000回に相当する約60億キロに達した。

【関連ニュース】
【はやぶさが最後に撮影した地球の写真】最後までよく頑張った…
はやぶさ:大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功
はやぶさ:カプセル輝きながら地球帰還…発光現象撮影
はやぶさ:「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
適切な対処望めない=賭博問題で相撲協会に苦言―文科相(時事通信)
鹿児島・宮崎県境封鎖へ、まず曽於の6路線(読売新聞)
わざと女性はね送るふり、断ると暴行の男逮捕(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。